ピルを服用することは女性が自分の身を守ること

男性の皆さんは女性がピルを服用している、または持ち歩いていると聞いてどう思うのでしょうか。私の友人にアフターピルを持ち歩いている女性がいます。

友人は自分の身を守るため性犯罪に巻き込まれても妊娠を回避できるよういざという時の備えとして持ち歩いています。

そして、当時付き合ったばかりの彼氏に持ち歩いていることを話すと「誰とでも寝るビッチ」だと罵倒され振られたと言います。

他にも、大学の時に可愛いと評判の友人がピル持っていたところを目撃した男子に「ヤリマン」扱いされて傷ついていました。

私もアフターピルを服用していますが彼も最初は良く思っていませんでした。

知識がないこともあり、私がピルを飲むことで体に何らかの害があると思っていたみたいです。

緊急用のアフターピル
じつはピルは女性の強い味方であるにも関わらず多くの人が誤解をしています。特に男性は女性以上に知識がないと言えます。

それは仕方のないことですが、ピルを服用していると言って誰とでも寝る女ではないのです。

むしろピルを持っている彼女は避妊を男性任せにしていない責任感がある女性なのです。

そもそもアフターピルは女性が使う避妊薬です。彼とのセックスの際に避妊をしなかった時や失敗してしまった時に使用します。

セックス後から27時間以内に服用することで避妊効果があります。

セックス後の服用が早ければ早い分、高い避妊効果が発揮されることが分かっているので、信頼できるアフターピルの通販を利用して常備しておくと何かあってもすぐに対処できます。

また、避妊のために体のホルモンを大きく乱れさせてしまうので副作用が強く出てしまったりもします。

男性が使う避妊具と違い女性自身の体に負担が掛かってしまう場合があるのです。

相手のことを思ってアフターピルの副作用に耐えてくれる彼女をそれでも悪く言えますか?また、副作用が出ない女性もいます。

しかし副作用が出ないからと頻繁な服用は禁物です。

アフターピルは体への負担が大きいため副作用がなくとも生理やホルモンの調子が狂ったままになってしまうため服用頻度にも注意し期間を空けることが必要です。