アフターピルは安全な避妊薬

世の中には多くの避妊方法があるにも関わらず、コンドームやピルといった方法が主流ですよね。それは手軽に避妊ができて避妊効果が高いからでしょう。コンドームの避妊率は85%前後だと言われています。

アフターピルの場合は98%で、低用量ピルに関しては避妊率が99%にも及びます。

しかし、日本ではコンドームが多く使われていてピルに関しては女性の1割程度しか使用していないと言います。それはピルに関する知識が少ないからだと思います。

私もアフターピルを使う前はピルに関していいイメージを抱いていませんでした。

ですが彼との避妊に失敗してしまった時に友人に教えてもらったのがアフターピルでした。

大学生だった私は学生だったことや彼と結婚をしていなかったこと、今は学業を優先したかったこともあり妊娠は望みませんでしたので、体への影響が出ないか不安でしたがアフターピルを服用しました。
副作用は軽い吐き気とだるさがありました。なんだかやる気が出なくて生理前の症状に似ていました。とりあえずその日1日はだるくて何もできなかったので横になっていました。
横になって寝ている女性

副作用の症状は半日くらい続きましたが翌日には元気になっていました。

アフターピルを服用して3日後に消退出血が見られました。消退出血とはアフターピルを服用してから3日後~3週間の間に出る経血のことで、おりものに似た少量の茶色っぽい出血が1週間程度続きます。

この出血が避妊に成功した証なのです。

それから私もアフターピルや避妊の知識を少しでも身につけておきたいと思い調べました。するとアフターピルは女性ホルモンのバランスを乱して一時的に排卵日を遅らせる薬だということが分かりました。

また2日ほどでアフターピルの成分も体から抜けてしまうということで後遺症が残ったり、今後の妊娠や出産にも影響がないということでした。

アフターピルは危険ではないと分かり、今も念のために余分に買って持ち歩いています。